【端午の節句】鯉かまぼこ

でも3月3日の桃の節句が女の子の節句である事から、現在は端午の節句として男の子の節句とされていますが、武家社会の発達も関係していたようです。


端午の節供とは切っても切れない植物、「菖蒲(しょうぶ)」が「尚武(しょうぶ)」に通じるとして、武家ではこの日に幟などをたてて子々孫々までの武運を祈るようになったとか。また、桃の節供が女の子の節供として定着していることから、男の子の節供も必要と考えたとも言われています。男の赤ちゃんが初めて迎える5月5日を、初節句といいます。初節句には鯉のぼり。


鯉は、いさぎよい姿かたちとともに非常に生命力の強い魚で、黄河の急流をさかのぼり、龍門の滝を登りきった鯉は、龍となって昇天するという中国の伝説にちなみ、どんな試練にも耐えて立派な人になるようにと、子どもの出世を祈る事ができると言われています。


しきしま蒲鉾では、鯉の形にほどこした、「鯉かまぼこ」という『縁起かまぼこ』を作りました。海の幸に恵まれた長崎ならではの製品です。


しきしま蒲鉾の「鯉かまぼこ」は男の子の立身出世を祈り、幸福な人生に恵まれますようにと、まごころをこめて作っております。ぜひお客様のご家庭の節句食材として召し上がって頂き、お祝いのお手伝いをさせて頂きたく存じます。

店長あいさつ

しきしま蒲鉾通販サイトへようこそ

この度はご来店頂きありがとうございます。私達自慢の蒲鉾を長崎島原からご紹介いたします。ごゆっくり見て行って下さい。

店長 敷島恵美

 

ご連絡先

しきしま蒲鉾  有限会社シキシマ

〒859-1501

長崎県南島原市深江町甲121

TEL:0957(72)2142

FAX:0957(72)2408

実店舗営業時間(8:00~19:00)
定休日1月1・2日

携帯電話

携帯電話

携帯電話サイト準備中

お楽しみに・・・

トップページ| 商品紹介| ショッピング| よくある質問| コミュニティ
お客様の声| 店舗・会社案内| お問い合せ|